FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず今のこと 

台風のこと、あまり知らずに暮らしていました。
新聞を見て驚き、世界中で起きている自然災害を、
そして日本で起きている人為災害を、
ふたたび考えます。

さて、わたくしはと言いますと、
勤務先であるレストランが閉店に追い込まれてしまいました。

その話し合いやら、残務処理のことで、大変な日々を過ごしていました。

残務処理はまだ、入口付近。

閉店後、すぐに他の仕事を探すことは出来そうになく、
漠然とした不安も抱えています。
でも、その不安よりも、今、この残務処理が円滑にすすむようには
どうしたらいいか、少しずつでも進めていくことを考えないといけません。

もう少ししたら、将来の不安を抱えることでしょう。
でも今は目の前のことを。
やるしかないんです。

やるしかないんです。

やるしかないことは、いずれ、どうにかなってくれるんです。

itiganrreodd
こんな風に、切られてしまっても、生き続けなくちゃ。
この世界に居座りつづけなきゃ。

スポンサーサイト

かわゆい子供 

今日の出来事……
店の接客中のことです。


子供がレジに伝票を持ってきました。
笑顔ハツラツな感じの子。
そして、後ろからお母様がお金をだして。
お釣りとかレシートをその子がもらいたがりました。
「大人のやりとり」に憧れる子供は多いので、なんの不思議もない光景です。

そしてお母様が子供に
「ちゃんとごちそうさまをいいなさい」
と言われ、お子さんは元気よく、私に
「ごちそうさまでした!」
と言いました。
私も笑顔で
「ありがとうございました」と返します。


??
すると、お子さんがとても不思議な顔を見せました。
どうしたのかな?
と様子を見ていると
お母様に向かって
「なんで、お料理作ってくれたのにありがとうって言うのかな?」
と質問していました。

うううっ。かわゆい~~!!
そうですよね、その子からしたら自分がごちそうさまって言って、なんで私から
ありがとうっていう言葉が出るかわからないわよね・・・

「お金払ってもらっているからよ」なんて・・・
とっても言えません!!!
お母様もそれには笑っているだけでそんなことはもちろん言いません。

お金のやりとりは子供からしたら「大人」という魅力なんでしょうね。
でも、そこの意味はわかっていないらしい・・・
なんか心がほんわかしました。

12年やってて初めての体験でした^^

おわり。

花祭り 

3月の話。
某お寺の花祭りで境内全体に飾られる「ボンボリ」制作のお手伝いをしました。

お友達のAちゃんのお仕事です。
それをちょっとお手伝いさせていただいたんです。
もともとはAちゃんの亡くなったお母様のお仕事で、亡くなられた後にAちゃんが引き継いだのです。
少しでも、力になれば・・・というのと、なんでも経験してみたい・・・という迷惑な好奇心で
お手伝いさせていただき、Aちゃんには感謝しております。

さて、ボンボリとは??
ということで、まず、わかりやすく画像をひとつ載せます。

bonbori4

1、お寺側が川柳を募集し、選ぶ
2、書の担当の方々が、紙が貼られた状態で川柳を書く
3、その川柳にあったイラストを描き、色を塗る

この3の部分がAちゃんのお仕事。
で、Aちゃんが枠を描いたものに色を塗るということを、私はちょこっとお手伝い。

総数は・・・500個。
なんとすごい数・・・1カ月で500個に絵を描いて色を塗る・・・
すごい仕事ですね。
しかも、紙は貼った状態、そして川柳が書いた状態なので失敗も許されず。
そして、なにより、川柳からイラストをおこすということが、大変そうでした。

さて、4月1日からの花祭りにて、ついに人目に。
bonbori2


歩いてみていると
「うわ~すごい数~!まじでAちゃん、すごいっす!」
と何度も口にしていました。

bonnbori1

坂道もすごいでしょ?

ほんの数回しかお手伝いできませんでしたが、
本当にいい経験をしたと思っております。
しようとしてもなかなか出来ない経験ですしね。

というか・・・
この日、私ははじめて本堂を目にしました(笑)
ずっとボンボリ倉庫に直行でしたからね。

ということで、最後にもうひとつ。
bonbori3

まるで内職のような 

切手です。
kitteharino
これは「お仕事」のほうで使ったもの。
タイトル通りまるで内職のように宛名書きから発送までをやってました。
あ、中身のパンフレットも作って印刷もしました。

80円切手、どれにしようかな・・・と郵便局で迷いました。
切り取りやすいシートのもの、といって普通の80円切手では味気ないので何かの記念切手。
そこで選んだのが「オーストリア国交・・・なんとか」っていう記念切手。
10枚1シートで1枚1枚が切り取りやすいし・・・あとは「クリムト」の絵が切手になっていたので
それだけで決めました(笑)
封筒に詰める作業も、切手を貼る作業も、かなりお手の物になりつつあります。
かなり早いですよ~~~(自慢)

宛名を手書きでやったことも
80円切手をわざわざ貼ったことも

理由がちゃんとにあるんです。10年以上の経験からです。
それを話すと大変長くなりそうなのでまたにしますが、「技」を使うのです!

表現の他にも仕事をしないと生きていけません。
でも今の私はその表現と仕事とふたつあってバランスを保っているようにも思います。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。