FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この夏は 

またまたブログを書かずに時間だけが過ぎていく・・・

そんなことのさん、何をしていたのかというと、

anko2012003
家を出てすぐの道路に書いてあった子どもの落書きにちょっと感動したり

anko20128002
お友達のお仕事のお手伝いの帰りに見た満月にほわりとしたり、

電車とバスのすし詰め状態を味わい、逆くの字になったり・・・

anko20128001
ガーデニングを楽しみだしたり。
この「花を枯らす天才」のわたくしが花を楽しみだしているのにはきっと誰もが驚いていることでしょう。
でも、いまのところ、この画像以上に立派に育ち、咲いています。
花は強し。

そして、いろいろな人に会いました。
銀座方面には3度行きました。
1度に知り合い友人の展示を3~4か所まわりましたよ。

一番最近で言いますと友人たちが参加している日韓展を見に行きまして、
韓国の作家さんとお話する機会ももてて
とても刺激的でした。

小学生の作文のようになってしまいましたが、こんなことをしながら
日々を暮らしていることのです。

スポンサーサイト

380℃!? 

どうも、ことのです。

先日、テレビでガッツ石松が
「人生が正反対に変わったことを“人生が何度変わったという?」という問いに
「380度」と答えていた。

笑いが起きていた。

でも、あたし、「ハッ」とした。
そりゃ正解は180度であって、360度だったら1周しちゃうから同じだよ。。。っていうのが
どちらも通用しない「380度」という答え。

それ、ありかもしれない。

380度ってことは、一周して、尚20度進んでるんだもんね!!!

多分、自分にあてはめたからハッとしたのかもしれない。
1年前の私と、今の私は全く違う環境、状況にいる。
本当に人生が変わっていくのを、ひとつひとつ受け止めつつ、でもたまに無視して忘れて、
ここまでやってきた。
去年の10月までの私を知っている人と、知らない人では相当な差が出てくるくらい
私は変化した。

母の代わりに経理をはじめ、と思ったら店の閉店。
長年やった仕事を失ったわけです。
そして、今までにやったことのない店舗閉店に関する手続きの数々に経理経理の確定申告。
久しぶりにバイトの面接を受け、研修、新人という肩書をちょっと楽しみ、
絞り出すような力でやった個展。

どうしてこのバイトをしているのかってよく聞かれるんですが、
「たまたまハローワークでバイト募集していたから受けてみた」としか答えが見つからないんです。
社員になるのは嫌だった。制作、表現ができなくなると思ったし、当時は経理の残務処理と確定申告という
仕事が残っていたから。
だからバイト・・・と探したのがたまたま今の会社だった。
でも、とにかく必死であった、というのが本音。
あんまり詳しく覚えてないんだもん・・・
「経理の残務がある、でも働き口見つけないと生きていけない・・・どうしよう・・・」ってね。
なんでもいい、なんでもいいから・・・と、焦って焦って。

いつのまにか、あと数カ月で1年になる。

結果、今は楽しくバイトさせていただいている。
「当たりますように」ってね。

その「当たりますように」のバイトや、知人たちがくれる単発バイトや、配膳の単発バイトを
しながら、今は暮らしています。

引っ越しもしました。
元同居人には、感謝しきれない。
あまりにも居心地がよすぎた。
甘えちゃいけない、とも思えた。
だから、意を決した。本当に意を決した。これほどってないくらいに。

今も元同居人の存在があるから、1人暮らしを頑張れてるし楽しめてる。
「楽しんでるところを彼女に見てほしいな~」って思うから。
10歳上のお姉さんには、本当に面倒みてもらいまくりました。
恩返しをしなくては!!!
姉さんは「ことのちゃん、早く落ち着くとこに落ち着きな!」と言います(笑)
それで恩返し出来る気がしていないのが申し訳ない(笑)


何を書いていたんだっけ?
あ、380度の話しね。

変わったっていっても180度っていうだけじゃないんだよな~って思ったのです。
ただそれだけのことを書きたかったのに、その理由をだらだらと書いたのは、
もしかしたら、私の中で、何か、が、生まれているからかもしれません。

確信を得ていることも大きいのかもしれません。

バイトしないと生活していけないけど、、、
生活しないと、表現も制作も創作もできない。
とにかく表現をしていきたいからこそ、今を暮らしている。
全てはそこに辿りつくと思うのです。



keep out 

tatiirikinnshihihi

どこからが立ち入り禁止なんだろう。
どこまで入っていいんだろう。
どこにこの看板を置けばよいのだろう。

ちょこっと看板を裏にして、入って行ってみようかという冒険心、好奇心。
いやいや、きちんとルールは守りましょうという平和主義。

みんながみんな心の中に持っているものだと思います。

でもそれをコントロールするのって難しいな~とも思うわけで。

その時その時で、その状況状況で、
いろいろな看板をたてたり、ひっこめたりできる人は、すごいですよね。

そんな器用さが欲しいわけです。
でも、器用すぎたら、あたしは相当変わってしまうだろうな~。
そもそも器用であったら、こんな記事書かないもんね(笑)

ま、いいか。

と、今日もお疲れさまでした、と眠りにつくわけです。

チョコ・・・ちょこちょこ 

琴野さん、どうしちゃったのでしょうか。
なんと、チョコを手作りしました・・・

作る前に妹からたまたま電話があり、「明日、雪なんじゃないの」と言われ、
同居人であるきぃ姉さんからは、本気で「どうしたの!?!?」と
心配顔されましたが。

じゃん。
出来上がり。

tyokobarenta99

チョコを手作りするのなんて、何年ぶりだろう。10年以上はしてないぞ。
妹のを代行して作ったのが最後とかかな・・・

さて、なぜ手作りしようかと思ったかと言うと、
もともと、バイト先のお姉さま方、上司などに、バレンタインはあげようと思っていて
今日、買い物をしていたんです。

でも、バイト先のお姉さま方にワンピースのチロルチョコっていうわけにいかないでしょ?
トーマスのチョコっていうわけにいかないでしょ?
でも、人数分買うには、お高めのものが目についてしまう。

バレンタインコーナーをぐるぐる回っていると、
「手作りコーナー」にいきつきました。
そこには、中学生か高校生(とにかく若くて純朴な女の子)が
必死な顔して、チョコを選んでいるわけですよ。それも手作りコーナーだから、
どれを買ったらいいのか、何を作ったらいいのか、と考えながら迷っている様子。
(あくまで想像)

わたくし、これでも一応執筆のほうを志しておりまして、そういう「光る素材」を見つけますと
人間観察したくなっちゃうわけですよ。
「何買うのかな?何作ることにしたのかな?」ってね。
で、近くをうろうろして、ついでにわたくしも手作りチョコのあれこれを見てたんです。

ふと、思いました。

「作ったほうが、安くあがる?しかも量ができる?」

それでもわたくしは、手作りする気はなく、手持無沙汰にキットや材料を手にとっては
置いて、を繰り返しました。

女の子は
「ふぅ」とか「ん~」とか、たまに声を漏らしながらも必死です。
わたくしは、反対側にまわり、前から女の子を見ます。
まあ、なんてかわいい女の子。
悩みながらも、目はキラキラとしております。
なんかその姿にズッキュンされちゃったわたくし。

ああ、純粋な女の子、わたくしも、そんな子だったはず・・・(???)

そのズッキュンにより、
その女の子の隣で、材料を選び出すわたくし。
話しかけることはもちろんしませんでしたが、わたくしだけが勝手に一体感を持っておりました(笑)


結局その女の子は
手作り用の溶かすチョコレートの「ミルク」と「いちご」、模様のついたアルミのミニカップ、
ラッピングの箱を、籠に入れておりました。

さて、わたくしは、買って帰っていたはいいのですが・・・
明日から怒涛のスケジュールであることをすっかり忘れており、「作る時間ないじゃん!」と
半ば、買っただけでお腹いっぱい状態でありました。

しかし、そんな勿体ないことは出来ぬ。
チョコは冷蔵庫にいれておけば腐らぬ。

ということで、
長い長いいきさつの末、無事に作ったのであります。

あ、形は違っても、中身は似たようなものになってます(笑)

量が出来たので、明日、ギャラリーへ持っていこう!
居合わせた人ラッキー。(アンラッキー?)
ラッピングはなく、中身だけだけど。



さて、あの女の子はその後、どうしたのかな。

ここからは、わたくしの想像の世界で楽しむこととなりますね。

時間よ時間 

ぐるぐる回る時間。

新しい運命の輪がまわりはじめた。

二つのバイトも
まだまだ不慣れだけど
楽しい。

これから先、もっともっと大変なことがあったとしても
今、笑っていられるということが
強みになる、そんな気がしてます。

1月のギャラリー元町での個展では、
みなさんに笑顔で会えそうです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。