FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

陶芸祭 

先週行われていた陶芸センターでの陶芸祭。
ぎりぎり最終日にいってきました。

ここは私が年に何講座か通っている陶芸教室です。
通いはじめたきっかけも、数年前のこの陶芸祭でのろくろ体験からでした。

先生や、生徒さんたちの作品展も。

tougeisai11
tougeisai333
(画像は講師陣)

生徒さんといっても、この作品展に出す方はセミプロ。
またはプロ。
自宅には窯がないから、と通われる方もいるようです。

先生方にも生徒さんにも知人が何人かいるので、見ていて楽しいです。

当日は知人の生徒さんに、何人もお会いすることができ、嬉しかったです。
最終日にいって正解だったかもしれません。

受付の方々にも顔を覚えててもらっておしゃべりしてきました。

「来年はことのちゃんも出しましょうね!」
と言われましたが、
「無理です」
と「本当のこと」を告げて帰ってきました(笑)
だって、まだ形にしたことがあるのが、2回くらいしかないからね・・・


スポンサーサイト

優しい踊り・・・POTHOOK#3 

ある日、日本画家の天内純子さんから
グループ展「POTHOOK#3」のお知らせとともにお手紙が届きました。

私が今年に送った年賀状の詩が気に入って、そこからイメージした絵を
今回展示しますとのこと・・・
まじで!?すごい嬉しい!!!と感激した私。
本日、鶴見画廊に見に行ってきました!!

amauchisan002

すてき・・・
もともと天内さんの絵が大好きでした。
毎回「水」をテーマに作品を描き、展示していらっしゃる天内さん。
そんな大好きなかたが、私の詩からイメージした絵を描いてくださっていたなんて
光栄きわまりない!!
そして、こんな素敵な絵が3枚!!!
見えますか?私の贈った年賀状も展示^^イェイ

ちなみになんの詩かというと、
「優しい踊り」です。

「優しい踊り」

なめらかで
やわらかい
曲線を描きながら
踊っているふたり

そこは
静かな湖の上
音はなくとも
息でリズムを感じ合う

朝色に染まる
水の波動は
幾重にも
弧を描いていく


12月18日(土)までやっているそうですので、よかったら行ってみてください。
日本画の8人の作家さんの展示です。
テーマは「Re」。

鶴見画廊のホームページ
POTHOOKのホームページ
をご参照ください。

表現とは 

舞踏家の大野一雄さんが、亡くなったそうです・・・
103歳でした。

体で表現をする、それとは何か。
といつも考えさせてくれるあのパワーはものすごいものでした。
数知れない作品がこの世には残っていることでしょう。

哀しいけれど・・・
今を表現するならどんな動きになるのだろうか、と故人にたずねてみたいものです。

ご冥福をお祈りいたします。

脇嶋通さんの個展 

仲良くさせていただいている・・・とうより、とてもお世話になっている画家さん。
脇嶋通さん。
丹沢美術館にて個展を開催しております。
前々からブログに書きたいな~と思っていた方だったのですが、タイミングが合わず・・・
今回、「ブログに載せていいですか?」
というお願いに快くOKを下さいました。

emotionaltyherain

WAKISHIMA Toru Solo Exhibition
〝Emotional in the Rain"~雨中の感情~

2009.12.12(Sat)~12.18(Fri) 11:00~18:00(18日は16時まで)

丹沢美術館  月曜休館 入場無料

小田急線秦野駅北口より徒歩12分
*詳しくは上記リンクの丹沢美術館のHPへどうぞ。

今年の夏には日韓展にて招待作家として韓国での「個展」を成功させた脇嶋さん。
「とある素材」をキャンバスとして、アクリル絵の具で、精神性を表わす絵を主に書いています。
昔はMixedMediaとして「紙縒り」の作品も作っていました。

尊敬する絵描きさんの1人です。
前出の亡くなった画家、浅野延子さんを通じて出会った方です。
昨日までは浅野延子さんの個展、偶然にもその次の日から脇嶋さんの晴れ舞台。
なんか通ずるものを感じます。

後世にのこすもの 

tuitounobuko
浅野延子さんの追悼展、1週目が終わりました。
2週目(12月7日~11日)は絵を掛け替えてお届けします。
(掛け替えるのはマスターだけどね・・・)
月曜日に行くのが楽しみですっ!!!
上記画像は金曜日までやっていた第1弾展示。3面の壁のうちカメラに収められるのがこの範囲。

金曜日はJAZZライブも行われました。
歌い手の方は延子さんの最後となった個展でもJAZZライブを行った方。
歌を聴いていると、なんだか不思議な気分でした。
絵たちの角がなくなり、穏やかな人物画になっていっったのです。
延子さんはいろんなものを残していってくれたんだな、と改めて感じました。
『角も大切よ』と言わんばかりに^^

ちなみにライブ中の画像についてはまだ了解をとってないので載せられません~。
でもすごいお客さんでした。満杯だったし!!
そんな中、私はバイトとしてお助けできたことはありがたいなと思います!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。