FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ことの@銀座 

都内へ出る・・・これって結構私にとっては大変なんです・・・
気持ち的にも(笑)時間的にも(笑)

火曜日、一日かけて銀座へ・・・
目的は知人、ナラさんの個展にいくこと。今回で2回目なので駅からの道はなんとか
覚えていました!!(スゴイ!)

画廊を出たのが12時半くらい。
お腹がぐるぐる。この辺で働いている方々はお昼ごはんのようで、どこのお店も忙しそうでした。
そこからちょっとぶらぶらして、「トムヤムヌードル」という魅力的な料理の名前を目にし、
そこの店に決定。
一人行動が多いのはもともとなんですが、銀座で一人ランチというのは初めてでした~。
tomuyamnoodle
はい、こちらがトムヤムヌードルです。
うまい~~~!!!パクチーにレモングラス。でもってダシがきいてる~ぅ。
辛い!と言いながらも癖になるのがトムヤムクンだけど、ちょっとアレンジもきいていておいしかった!!

さて、ここまできたら行っておかないと・・・と思い、その足で日本橋高島屋へ。
目的はこちら。
egonshertakasimaya
ウィーン世紀末展ですね。
好きな画家のエゴンシーレの絵を生で見るのははじめてでしたぁ。
おおお、鳥肌たちます~。
クリムトもシーレも本ではよく見ていたのですが、それの本物がいま、目の前にある・・・と思うと
すげ~っ。としか言いようがありませんでした。
クリムトさんはやっぱりお金持ちですね・・・すごい光ってました!(笑)

日本橋高島屋で10月中旬までやってますよ。

さて、どうやったら戻れるんだ?(画廊から高島屋までは違うルートできたのでその逆送というわけにはいきませんでした。)
地下鉄の種類が多すぎてわからん!!!
とりあえず、新橋までいったら東海道がある・・・

横浜に帰ってきたときはほっとしましたね・・・やはり都内は私の心の中ではとても遠く、
ちょっと怖いものでもありました。

スポンサーサイト

器と盛り付け 

先日、小網代陶房さんの工房展で購入した器。
きぃ姉さんの平皿と私のご飯茶碗に盛り付けて写真を撮ろう・・・!!と思い立って
冷蔵庫をチラリ。

うん、野菜が多いね~。
おお、冷凍に豚肉がある。
おおお、きぃ姉さんが里芋を買ってきている。

ということで冷蔵庫チェック終わり。

出来上がりはこんな感じに。
koajiroutuwatogohan1
里芋と厚揚げの煮物のできあがり。
盛り付けにも凝ってみました。
やはり器がいいと、盛り付ける気力が生まれます、はい。。。

別角度から。
utuwatogohan2
う~、このお茶碗もいい感じ!!ご飯がおいしそうに見えます。

ちなみにこれ以外にピーマンのダシキンピラ、茄子の焼き煮、冷しゃぶを作りました。
これで何日かを過ごすつもりです。
冷蔵庫がじゃっかんすっきりしました。

そして、これは・・・
nesyougamiso
「芸術は爆発だ~」と言いたくなるような感じだったので、記念に1枚(笑)
根生姜があったので、味噌漬けにしようと思ったら、味噌が少ししかなくて・・・
ということで、味噌を根生姜にすり込んで、タッパに入るようにしていたらこうなってしまった、という
だけです。

1日3食、きちんと食べましょう!!!

1日の中に 

朝はとっても冷え込む・・・
昼はあたたかくても、夜はまた冷え込む・・・

うん、1日の中に四季が入っているような感覚。
あれ?この感覚、前にも味わったことあるな~、と・・・

そうだ、ニュージーランドだ。
ニュージーランドはもともと1日の中に四季が入っているように気温の変動があると
言われている国。
でも過ごしにくいと思ったことはなかったんだけどな。
なるほど、わかったぞ。湿気の問題だ。NZは1年の中にも季節というものがあるけれど
どちらもカラっとしていたように思います。
カラっと暑く、気持ちいい。
カラっと寒く、じとっとしない。
1日の中の季節変動も結構ついていけてました。

こちらが冬支度のための「秋」を芸術や読書や食欲で楽しんでいるとき、
NZは夏に向かっての楽しみを考える時期です。
NZへ行くなら11月終わりくらいから2.3月がオススメです。
univerinnz
画像はオークランドにいたときに撮った写真画像をひっぱりだしてきました(笑)
撮影したのは・・・えっと・・・7年前くらいか???
え~!?そんなに!?もうそんなに時は経っているの!?

はぁ。
とびっくりもしながら、この写真を見つめていました。
この階段を登ったら何があるでしょうか?

三浦~横須賀 

きぃ姉さんとお友達ご夫婦に三浦に連れて行ってもらいました。
小網代陶房さんの「工房展」に行ってきました!
出かける&ドライブは決まっていたのですが、数日前になって小網代陶房さんの
工房展の情報をゲットし、三浦まで。
kesikikoajiro
綺麗な景色の中にある陶房。
ご主人は「この電線がね~」とは行っていましたが、普段ビルの立ち並ぶ中で暮らす
私にとってはこの景色の中で過ごしている、というだけで感動でした。
電線は確かにないほうが綺麗かもしれない、けど、あったらあったで、生活観も漂い
日常にこの景色があるんだ、という解釈をすればそれは感動だよな~っと思いました。

陶器たちを見ているととてもわくわくします。
そういえば、20歳くらいのとき、陶器が好きでよく陶器市にいっていたな~というのを
思い出しました。
koajirokoubouten
でもやっぱり陶器市とは全然違いますね・・・
この自然の中で生み出される作品、ご夫婦それぞれの持つ作品スタイル。
作った方の顔を見ながら陶器たちを見つめる。ってやっぱりいいですね。違いますね。

その後、三浦の地魚海鮮丼をいただき、当初の目的地の「横須賀美術館」へ。

クレー展やってました。
けど、谷内六郎の展示がなんか一番よかったです。
それにしても、横須賀美術館、すごいね~。新しいだけあって、いろんなところにいろんな
仕掛けがありまして。
また来たいです。

手紙を書こう 

誕生日にいただいたもののひとつ。
tegamisiru
封筒のところにやるやつ。
「K」ですよ。Kotonoからのお手紙ですよ。
こういうのがあると手紙を書くのも楽しみになります。

最近、お忘れじゃないですか?
手書きで書いた手紙を。
さて、誰に手紙を書こうかしら??

即興の魅力 

私は詩は思いついたときに書きとめています。
ミニノートは外出時の必需品です。
そこから、作品にするなど発表するときには削ったり加筆したり・・・編集することもあります。

でも、「その瞬間」に出来た詩というのはその時の空気や時間や感情がそのまま
真空パックにされていることもあります。

一度だけ、即興で詩を作り、朗読したことがあります。
詩人さんの中ではその雰囲気から即興で詩を朗読することもよくありますが、
私はまだまだ未熟ですので、一度ノートに書いてから朗読しました。
それは今読んでもその時の「瞬間」と「テーマ」が封じ込められています。

即興・・・それはとってもとっても高度なこと。
知っている絵描きさんでそれを得意としている人がいます。
「bottle ship freedom」さんです。
実はこの方とは1~2度くらいしかお会いしたことはありません。でも私はこの方の
ポストカードを何枚も持っています。
桜木町の高架下に絵も描いていた方です。
オリジナリティー溢れるネコさんたちはファンも多いそうです。
私は個人的にはbottle ship freedomさんとは交流はあまりないのですが、作品で
よく知っています(笑)

何より嬉しかったのはうちの愛猫じいちゃん「ココロ」を描いてくれたこと。
私が出品したココロさんの日常写真日記を元にココロをイメージし、侍にしてくれました。
cocorosamurai222
親バカな写真から、ココロのイメージをキャッチしてアレンジして描いてくれてすごいうれしかったです。

そんなbottle ship freedomさんが20日の日曜日に元町のポンツーンで
「お題頂戴」と題して即興で絵を描いてくれるそうです!!
この「お題頂戴」っておもしろいですよね!!こちらがお題、つまりテーマを言って描いてくれるんですよ!!!
魅力的です。
ポストカードサイズとA4サイズがあるそうです。

以前にもご紹介したことのある「工房暖簾gallery」さんの企画に参加されるそうなんです。
この実演販売、「ライブin元町」は19日20日の2日間ひらかれていて、bottle ship freedomさんは
20日の登場です。

工房暖簾さんからこの案内が来た時にbottle ship freedomさんの「お題頂戴」という
フレーズを見て、「即興」ということについて語りたくなり、今日の日記はちょいと長くなりました。

元町はチャーミングセールですよ!!
ぜひ元町へ行かれた方はポンツーンへ!!

最後に・・・bottle ship freedomさんの作品で、私が去年購入したウクレレを初披露。
スミマセン、全然弾けません・・・でもとってもいい感じにインテリアに参加してくれてます。
なんといってもこのウクレレに描かれた絵が、私の発表した詩にぴったりで運命を感じ
購入したんです!
ukurere11

そして裏
ukurerehaimen

30th 

9月12日。
わたくし、30歳になりました。
生きて30年経ったんですね。よくがんばっているものです。

11日はバースデーイブで、お祝いをしてもらいました^^

nakashisp
こちらはちらし寿司。KOTONOと海苔で書いてあるのわかりますか??
彼女のちらし寿司は大好きなので、うれしかったです~。

そして~、
cake30th
ケーキ。ハッピバースデートゥーユーと歌ってもらい、幸せ幸せ。
本当にハッピーでした。

お花も綺麗。こちらA先生から。
abikosensehanataba

人と人の出会いに感謝しつつ、そこから学べるものを吸収して糧にして、力にして。
いろいろな過去の経験を苦とするのではなく「若いうちの苦労」として今に生かされていると思い、
表現の活動をたくさん出来たらいいな、と思っています。

あふれ出るものに嘘はつかずやっていきたいですね。
愛した人たちに愛してもらえるように、人にも幸せを与えられたらいいな。

といろいろ抱負はありますが・・・

継続は力なり、
という言葉だけはずっと持ち続けていたい。

ZOO 

私の中の癒しスポットNo.3!
「野毛山動物園」。
(ちなみにNo.1は山頂公園、No.2は三渓園)

癒されるのだ~。一人でふらっといってボーっとして。
眺めて・・・

kirinsan22

キリンさん、こんにちは。
キリンさんに一番会いたかったのです。
キリンさんは何を待っていてそんなに首がながくなっちゃったの?


野毛山動物園は入場料無料ですよ!!!
ゾウさんがいないのが寂しいんだけどね・・・小さい頃の思い出としてはゾウの前の広場で
お弁当をよく食べていたから・・・

あと、市電も残っていて、中にも入れます。
sidenhikari
なんか光の入り方が綺麗で写真を・・・
この中でもボーっとしてました。

色、彩る 

その時によって自分の「流行色」とか「気になる色」ってないですか??

基本的に「赤、紅」が大好きな私。

それに変わりはないんだけれど、最近は「緑」が気になります。
理由は不明。
だから三渓園いったり、公園いったりしてます。

旧友がそれを読み取ったかのように誕生日プレゼントに「緑色のマニキュア」をくれました。
すげぇ、って思わずびっくり。
彼女もそれを聞いてびっくり。

彩りを見るとその配色でいろいろ気分が変わりますよね。
一色ではなく数色からなる彩りはある意味魔法のようです。
一色でも魔法になるときももちろんあります!

こんな配色どうでしょう?

kudamonosoroi

う~、フルーツ!!って感じですよね。
おいしそ。

小からはじまる 

9月に入ってもう6日が経ちます。

もう下半期になるわけで。

時計の針はなんだか急いでいるようにも思えるし、
たまにさぼっているんじゃないか?と思えるときもある。

変わらない「1秒」という世界の中で私は何が出来、なにを諦めているのだろう。
「1秒」が重なって「1日」という大きい単位になる。

例えば
1本の木。重なれば林になり、森という大きなものになる。

たとえ最初の単位が小さくとも、大きくすることは可能なんだよね。

zoukibayasi

記憶の中の人 

私の記憶の中に残る人。それは一体何人になるのだろうか。
ひとりひとり数えていったとしても膨大な時間がかかりそうだ。

そして、ひとりでも欠けてはいけないと躍起になるかもしれない。

いい思い出の人もいれば、嫌な思いをしたという意味で記憶に残る人もいる。

「過去を振り返る」のではなくて「記憶をたどる」。
そんな人たちは、今の私を形成しているのだろう。

kiokunonaka

「記憶の中のひとり」2009年発表作品

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。