FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冬の必需品 

湯たんぽ、使ってますか??

かなりのいい子ですよ~。毎日お世話になってます、ここ最近。
今年になって、私の冬の必需品の仲間入りです。
実家では使ってなかったんですけどね~。
きぃ姉さんが教えてくれました。
うん、これがあるだけで、本当に違う!!!
女性には多い冷え性でも、夜中に寒くて起きてしまうということがありません!!!

あと、私もきぃ姉さんもジンジャラーです。
ジンジャラーとは生姜好きのこと(笑)
私ももともと好きで、冷蔵庫にかかしたことがないんですが、きぃ姉さんも大好きだったので
料理には必ずといっていいほど生姜が入っています。
今日は豚汁。
しょうがを千切りにしてたっぷりいれます。
体がぽかぽかしてきますよ~。

さてさて、全く話は変わりますが、私が絵の勉強をしているというのはすでにご存じのかたも
多いとは思いますが・・・
初!ブログに自分の絵をのっけます!!!
picturekabin

ん~、、、デジカメでとったので、ちょっと画像が悪いですが・・・
この前、生けた花を写真にとったものを、描きました。
せんせに褒められたので、調子にのって、ブログにのっけちゃう。
ちなみにこれは、パステルで描きました。

今は、版画もやってますよ。
今度、陶芸のコースにも参加します。

スポンサーサイト

豚の梅角煮 

料理は心の癒しのひとつ。。。
きぃ姉さんが食べてくれると思うと、なぜかやる気も増す(笑)
やっぱり誰かに食べてもらわないとね!!!

ということで・・・えっと、何曜日だったかな。先週のどこかで作ったのは・・・

「豚の梅角煮」
豚の角煮に梅干しを入れただけです。
キッチンに張り付いていることが、時間的に難しく、ちょっと煮るのを短縮しましたが
なんとか、出来上がり~。

butaumeni

あ、きゅうりにのっかってるのは辛子です。
で、箸置きにしているのが、この前割れたカップの破片の部分。再利用~というか変身~!


ところで、みなさんは圧力鍋は使っていますか???
今の私に「必要なもの」のひとつであります。圧力鍋さんがないと、かなり面倒くさいです。
圧力鍋さんっていうのは、本当にエライです。考えた人、スバラシイです。
料理するときは毎回!っていってもいいほど、使っております。
ご飯もこれで炊いてます。
豚肉の下ゆでも、圧力鍋。時間の短縮だけではなく、お肉がやわらか~~~くなるし、スープもとれるし、
サイコ~であります。
今回は、臭み抜きに、ネギの緑色のところ、ショウガたくさん、セロリの葉っぱを一緒にいれて・・・

でも、料理で圧力鍋を使ってしまうと、ご飯が炊けない・・・
これはもうひとつ購入???
いやいや、電気釜が仲間入りする気配です。

景色のいいところへ 

行きたい。
景色のいいところへ・・・

見たい。
海や山や木や葉。

感じたい。
寒さの中、春を告げようと頑張っている花の力を・・・

都会に住んでいると、なかなか出来ないことです。
日常に、小さく見える花や山や木や景色じゃなくて、大きく見れる、感じれるものの
ところへ行きたくなりました。


とりあえず、母から送られてきた写メールにて癒されます。
ryomajapan3

3か月連続の・・・ 

11月から3カ月にわたり、行われている故・浅野延子さんの個展。

1月、ついに3か所目です。

nobukomitui

「浅野延子回顧展」
キャンバスはたちまち物語の舞台となる。
それは純粋で飾らない彼女の”等身大”の世界。
そこから溢れ出る数々の想いを
私たちは未来へと繋げていく・・・・・・

2010.1.18~1.24
11:30~19:00
「みつい画廊」
横浜市中区吉田町5-1 関内駅北口より5分ほど。


なんで、こんな毎回毎回、新しい感動に出会えるのか・・・。
毎回毎回びっくりさせられるのか・・・。
そう思わずにはいられませんでした。
みつい画廊では、去年の今頃は元気な延子さんの個展が行われていたと思うと
感慨深いものです。
でも私はその延子さんの、ほんの数年の絵しか知らなかったんだ、ということに
この3カ月で気がつかされました。
出てくる出てくる、いろんな延子さんの絵。
70年の人生の中で50年は絵を描いていたということが、その証拠が、目の前に
あるような気がしていました。
今回、最後のみつい画廊では。病室から描いたスケッチも含まれています。
そして、一番古いであろう、と言われる延子さんの油絵も展示してあります。

ぜひ、行ってみてください。

その土地のキャラ 

ちょっとおもしろいからアップ。
gurikotyoto
友達がカウントダウンに大阪へ行っていて、お土産にいただきました。

もったいなくて食べれない(笑)

横浜ならではの限定発売とかはよく見るから、他のところにもあるんだろうな、とは思ってるけど
それぞれの土地によって工夫しているんだね。
そして、もらうと何気に嬉しくなるのよね。

年賀状 

たくさんの年賀状をいただきました。
久しぶりの近況を聞けて嬉しいというのが多くを占めます。
ヘタしたら1年に1回、年賀状だけでしか、交流を持ってない人もいるんだな~と
思うと、ちょっとさみしい気もする・・・でも年賀状をくれたことは嬉しい。

だから、やっぱり年賀状は必要!って思うのです。

私の年賀状はみなさんのところにはついてますか??
今年は詩のバージョンが4種類あります。
どの詩が誰のところにいったのか・・・というのまでは把握できてませんが
読んでくれていたら嬉しいです。

惚れるぜ 

艶やか^^
昨日の出勤時、電車や駅周辺で、着物姿の子たちをたくさん見ました。
かわゆい。
「キレイ」というよりは「カワイイ」っていう感じでした。
着物もいろんなのがありますね~。
赤、ピンク、ブルーにグリーン。

こんなこと、口には出したくないですが、「若いですね~」。
みんな輝いてました。

中には「多分」親の代からの着物だろうな~と思う柄のものもありました。
やはり、それは美しいのです。
派手というよりも、存在感の色や柄の美しさがあります。

さすがに。。。写真を撮らせて!とは言えず・・・
tubakiss
こちらは私の版画挑戦の一部。

まだまだ「オバサン」とは呼ばせたくない!と思いながら晴れ着の子たちを眺めていた
ことのでした。

百人一首 

お正月になると思いだします。
子供のころから母に教わり、大好きだった百人一首。
でもケンカの種のひとつでもありました。

とにかく負けず嫌いだった私。
妹に、狙いのものをとられると憤慨していましたね(笑)
学年があがるごとに私の「お気に入り首」というのは増えていき、カードを自分の視野内に
入れておくのに大変になってくるわけです。
そこで妹は自分のお気に入り1枚に加えて、私のお気に入り1枚をとるようになったのです。
いじわるでしょ??でもこれが姉妹っていうものでしょ。

お正月ごとにやっていたので、今でも覚えているのもあります。
そういえば、意味を理解しないで、言葉の響きだけで「お気に入り」を決めては母に
聞いていたな~。
機会があれば、意味もちゃんとに理解したいものですね。で、言葉の響きではなく、
歌の意味で「お気に入り」を見つけたいです。

変身、再生の道 

新年早々。。。チャトラン(猫)さんが、わたくし愛用のマグカップを割っちゃいました。

う~。
でも仕方ない・・・ものはいつか壊れるし、それを怖がってたら普段使いできないし、
かわゆいペットさんがいるおうちはつきものですよね。

ふと・・・ある方が話していたことを思い出しました。
「ある華道の世界でのお話。ある華道家さんは、ある日、亡くなった大先生の作った花器を「割って」花を生けた。
すると周りの人々からは顰蹙を買い、波紋になった・・・」
というお話。
ん、ん。わたしもやってみよっかな~。
なんてわざとではないという違いがあるものの、割れた陶器を再使用できないものか?という
ことを考えていたので、しめたしめた!!わくわく!!
じゃんじゃじゃじゃん!

その1
hana2010sono1
『雪柳』と『なんてん』。
割れたところを派手に見せて、「硬い地面を割って、育ってます」と言っている風。
アングルをかえて・・・
hana2010sono15

そして、楽しくなっちゃったわたくしめは・・・
次は植物自体を派手に!!と・・・
じゃじゃじゃじゃじゃじゃん!
hana2010sono2
今度は取っ手のほうを表にしました。

といっても。。。
この陶器の作家さんには大変失礼になるかもしれませんね・・・
でも私はこういうやつでして・・・失礼を承知でこんなことしました。
しかもお花を生けるなんて、勉強したことがないのにね。


ちなみにこんなショットもあります。
hana2010chato
はい、張本人です!
こら!どいてちょうだい!コラ!と怒られております。

一度、傷ついたら「終わり」というわけではない。
割れたら捨てる、ということをあえてはねのけてみたかった。
そしたら楽しかった。
変身か、はたまた再生なのか。
緑は育ち、花は咲く。そして実になるのだ。
その3つを盛り込んじゃったのです。

今回の学び・・・それは「楽しかった」ということです。

版画!! 

え~、年末のことです。
画家さんのわっきーさんの年賀状作りを見学。
いつものように、気がつくと私は質問攻め・・・(スミマセン
あ・・・邪魔しちゃいけん・・・と思いつつも興味津津で見ておりました。
まるで子供ですよね、でもおもしろくていろいろ聞いていました。
すると・・・
「やってみる?」というお言葉。
ほんとに!?!?いやいや、邪魔しちゃいけないから・・・と思いつつもやらせていただいちゃった!

wakikumoame

じゃん!
ん~、画像ではわかりにくいです・・・
レインボーの雨が降る雲です。
1人ではとても無理でしたので、「合作」いたしました。
まじで難しいですよ~~。初めてだから当たり前なんですがね。
感謝感謝で出来上がりを額にいれて飾ってあります!
ちなみにこれは1点ものの版画です。
版画と一言でいっても、本当にいろんな手法があるのだと思いました。
頭ではわかっていても実際にやってみると、本当にスゴイということがわかります。
このあと、2~3時間、隣でやらせていただいてました(笑)
1人で完成させたものは・・・また今度アップします・・・

支え 

去年、2009年はいろんな意味で「挑戦」の1年だったと思います。

・3回目の個展
・初の朗読会
・絵をはじめる
・引っ越し
・知人の画家さんの個展のお手伝い
・プロの方の展示、レイアウトの見学とお手伝い

そして、相変わらずの好奇心も発揮しました。本当だったら、好奇心で興味を持ったものを
もうちょっと追求したかった、というのが本音です。

今年は・・・
いろんなことに「優しく」いられたらな、と思うのです。
人に優しくするというのは案外難しいかもしれません。優しくしたいとおもっても有難迷惑になるのでは
ないか、と不安になるのです。
でも、私はこの1年、知人、友人、先輩などにたくさん助けられ、優しくしていただきました。
そして、大きなものを学んでいます。
優しい・・・それは時に厳しい言葉になるときもありますが、私にとっては必要なものです。

そして、表現のほうとしては・・・

・詩や小説をなんらかの形にしたい
(出版不況ですから、出版社というのは無理があるので、自分で印刷して作ろうかと思ってます。そのために
印刷代を貯めてます)

・ある1人の人物に関しての取材をはじめる
(既に了承をもらっているので、何年がかりになるかわかりませんが、取材を始めようと思っています)

という感じです。
まだまだ若輩者。表現やものづくりの先輩方々に学んでいこうと思います。

新年!2010! 

明けましておめでとうございます。
満月であけた2010年。00年代を越え10年代に入りました。
ryomaden
実家の愛犬「龍馬」くんにサムライになってもらいました。
龍馬伝もあることですしね。

さて、目標!といきたいところですが、それはこの次にしまして・・・
12月31日の大みそか、店に行ってからそのまま実家へ帰りました。
実家は朝日新聞なのですが、私は「天声人語」が好きなんですが、、、この大みそかの天声人語は
朝日新聞にしてはめずらしい締め方をしていたので「へぇ」と思いました。
時代背景といいますか、今のご時世を感じるものでした。
朝日新聞天声人語2009.12.31
↑ネットでも読めますのでよかったら読んでみてください。
私が「へぇ」と声を漏らしたのは最後の一節です。天声人語、そして朝日新聞ではめずらしいな~と
思ったんです。でも1年を振り返り、この一節は著者が身にしみて感じていることなのでしょう。

ではでは、今年も明るく楽しく!!!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。