FC2ブログ

ろくろ初体験! 

tougeisai222

「陶芸センター」
横浜の三渓園近くにあります。
結構前にここのことは知人に聞いて知っていたのですが、
「ん・・・超初心者なんだけど大丈夫なのかな・・・」とかタイミングが合わなくてなかなか行けないところでした。

そして、同居人のきぃ姉さんがタウンニュースに出ていたこの陶芸センターの「陶芸祭」の
記事を教えてくれました。
「体験もあるらしいよ~」と。
数日後、チラシがポストに入っていて、詳しい体験の日程が書いてあり「よし、今回こそは
体験教室にいくぞ!!」と決め、ろくろ体験をしてきました。
rokurotaiken123
う~ドキドキです。
いろいろな道具に電動ろくろ。そして土。
土は中心を作った状態に用意してくれました。

必死・・・
最初はなにがなんだかよくわからないうちに・・・
やっと「土をさわっている」という感覚が持て、かなり集中した1時間半。
この間の画像がないことは・・・必死こいていたということと、土でカメラなどは触れる手ではないという
ことです。

楽しかった~~~。
途中からは「う~楽しいです!!」と喜びの雄たけびをあげていました(笑)
心が洗われる気がしますし、気持ちの緩みがあるとすぐに土に現れると思いました。
初心者ですから余計かもしれません。迷いもだめだし、といって気をぬくと「ぐちゃ~」ってなるし。
出来上がりはこちら。
rokurokansei
この中から焼くものを選びます。
でもこのまま焼くわけではないらしいです。先生たち、この後が大変なんですよね・・・

そのあとにお茶席でおしゃべり。
ろくろの楽しさに触れ、またいろいろなことを聞いちゃったりもして・・・
土は「しがらき」の白土だそうです。焼くのにチタンを使うそうです。

そこで私、
「陶芸の用語って漢字が難しいし、意味も難しいですよね」。

お茶席には他のお客様もいらして(どうやら陶芸歴の長いお方だったようで)
「還元」とか「酸化」とか、ん~、ムズカシイと思う単語が何個も。
「還元」と「酸化」は焼き方の違い??らしいのですが、私には到底わかりません。
「白化粧」という言葉もありましたが、なんなんでしょうね???

また体験ろくろ、行きたいです。

Comments

良いんじゃなぁ~い!

初体験とは思えないうつわの数々。
なかなかですよ。
この後、先生達は乾燥状態を見ながら高台(こうだい・底)を削ります。その後完全に乾燥させ、素焼き(およそ700℃)し、釉薬を掛け、1250℃くらいで焼き上げるのです。

 還元と酸化は、不完全燃焼の炎で焼くと還元焼成で、完全燃焼の炎で焼くと酸化焼成です。
 白化粧と言うのは主には赤土作品に用い、削りの後の半乾燥状態の時、まさしく白い土をシャバシャバの状態にし、掛けるのです。すると赤土と白化粧土の変化で面白い表情が出来上がる訳です。きっとこんがらがっちゃいますね。はっきり言って陶芸は、色んな原料を計量調合し焼成実験を繰り返す、言い換えるならば「化学」です。

なるほど~

>小網代さん
ありがとうございます!
むずかしい言葉、多いですよね。
「化学」とは思ってもみなかったですが、小網代さんの説明を読んでいると
本当にそう思えてきますね。
勉強になりました!感謝です!
しかし、初心者の器を削ったりするのは大変でしょうね~。
私も底があつくなっちゃったやつがあるんで・・・
先生方、すみません!という感じです。
またろくろやりたいです!

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackbacks URL
http://ankoto.blog86.fc2.com/tb.php/527-a78c9d36